障害者の特性や潜在力が活かされ、能力として発揮され社会参加がスムースに行われる事例が増えています。人によっては世間を広げ世界とつながり特性を能力に変えて障害をプラス思考で捉えて活動しています。2020年東京オリ・ パラに向けてビヨンドとして様々なイベントが企画されています。オリンピック憲章の掲げるオリンピアードの精神には、スポーツだけで無く教育、文化・芸術分野の重要性がうたわれています。

障害者の芸術文化が「生の芸術」(アールブリュット)として高い評価を得て、オリンピアードの精神の発露として、国内だけで無く海外にも魅力を広げている事を紹介します。

詳しい内容はこちらから。

プログラムはこちらから。