あたらしいほうりつの本(2018)

発行所
全国手をつなぐ育成会連合会
判型
B5判
ページ数
120ページ
定価
1,200円 (税別)*送料別

区切り線
障害のある人が地域でくらしていくために、いろいろな支援(お手伝い)やサービスが用意されています。しかしながら、今の制度の多くは市町村の役所で手続きをして、決定を受けないと使うことができず、どういうサービスが使えるかは、できるだけ自分で調べる必要があります。
この本では障害のある人が地域でくらしていくために必要なサービスを、できるだけ分かりやすく紹介しています。特に、障害のある人のくらしを支える福祉サービスを中心に取り上げています。

生活するために必要なお金のことや病院で支払う医療費の補助に関することは、「あたらしいほうりつの本2014をあわせてお読みください。

皆さんが障害福祉のサービスを上手に使っていくために、この本を活用していただければ幸いです。

 

【もくじ】

    • 1. いつどんな支援が必要になるの?
      • 地域でくらす① 乳幼児期~学齢期
      • 地域でくらす② 青年期
      • 地域でくらす③ 高齢期
      • 療育手帳はどうして全国一律ではないの?
      • 障害者総合支援法とは
    • 2. 相談支援を使ってくらしを組み立てよう
      • 障害福祉サービスを使うためには?
      • 相談支援とは?
      • サービス等利用計画ってなに?
      • モニタリングとサービス担当者会議
    • 3. どんなサービスを使う?① 通うための支援
      • 子どもの支援
      •  児童発達支援ってなに?
      •  居宅訪問型児童発達支援ってなに?
      •  保育所等訪問支援ってなに?
      •  放課後等デイサービスは日中一時支援となにが違う?
        かよう・はたらく
      •  生活介護はどういうサービスですか?
      •  生涯支援区分はどうやって決まる?
      •  自立訓練(生活訓練)ってなに?
      •  就労移行支援ってなに?
      •  就労定着支援ってなに?
      •  就労継続支援A型・B型はなにが違う?①
      •  就労継続支援A型・B型はなにが違う?②
      •  地域活動支援センターってなに?
    • 4. どんなサービスを使う?② くらしの支援
      • 親元を離れてくらす
      •  グループホームではどんなくらし方ができる?
      •  グループホームの「日中サービス支援型」ってなに?
      •  施設入所支援・療養介護
      •  一人ぐらしを支える「自立生活援助」って?
        くらしを支える
      •    ホームヘルプ(居宅介護)ってどんなサービスですか?
      •   「でかける」ことをお手伝いするサービス
      •    日帰りで預かってくれるサービスはありますか?(日中一時支援)
      •    何日間か預かってくれるサービスはありますか?(短期入所)
        高齢期の支援
      •    65歳になったら 介護保険と生涯福祉サービス
      •    「共生型」ってなに?
      •    終身年金を支払うしくみ 障害者扶養共済制度
    • 5. 自分自身を守るために
      • 権利擁護
      •    「成年後見制度」ってどんなしくみ?
      •    障害者虐待防止法は障害がある人を守るルール
      •    障害者差別解消法
      •  「差別的取り扱い」と「合理的配慮」
        医療費助成制度
      •    自立支援医療制度とは
      •    重度障害者医療費助成制度とは
    • ご家族・支援者・教員のみなさまへ
      おわりに
    • 区切り線
      お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。E-mail : book@jldd.jp
      FAX 03-5814-0393
      ご注文お待ちしております!