「支援介助法」第1巻 基本編

~障害のある人への痛みを与えないパニック対処スキル~

【監修】
 斎藤 富由起 
千里金蘭大学生活科学部児童学科准教授

 守屋 賢二  淑徳大学教育学部こども教育学科講師

【監修・指導】

 廣木 道心 ロングライフ医療福祉専門学院講師

国際護道連盟 宗家

【撮影協力】淑徳大学 埼玉キャンパス

 

【製作】株式会社 アローウィン

 形式:DVD

 時間:67分

 2013年9月製作

【定価】本体15,000円(+消費税)*送料無料

区切り線

商品の説明

「支援介助法」とは、発達障害や知的障害の人がパニックを起こした時の誘導方法として開発された介助技術です。その技術は、自分も相手も傷つかないことを基本として、身体に負担を掛けない力の使い方や、相手の力を利用すること、また、あまり意識しない身体の能力を生かす方法などを駆使して考えられています。特に特別支援学校などでパニックになった子どもに有用ですが、落ち着きのない子や高齢者の介護、リハビリテーションにも活用できます。

○第1巻「基本編」  (67分)
<基本的な視点の解説>
・子どものパニックを子どものサイン、こころの発信と捉える。そして、強引に抑え込まず、危険度を見極めその原因を理解する。
・パニック対応のプロセスを「観察ー対応ー分析ー予防」の視点で考える。
・子どもの発信を「要求・注目・拒否・不快」のどこに当てはまるか読み解く。
・問題行動を起こす前の「兆し」を注視する。等
<技術対応の基本原理を理解する>
①力のコントロール
②安全圏の確保
③力の誘導(ベクトルの分散 )
④意識の同調
<日常的なトレーニングの紹介>
錬成法/座抑え/手解き/斜取り/壁押し

 

 

区切り線

お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。

E-mail : book@jldd.jp
FAX 03-5814-0393

ご注文お待ちしております!