ダウン症児との付き合い方  
 
【監修】
橋本 創一 東京学芸大学教育実践研究支援センター教授 
 
【協力】
筑波大学附属大塚特別支援学校
東京学芸大学附属特別支援学校
公益財団法人日本ダウン症協会 東京練馬支部「ちゅうりっぷの会」
認定特定非活動法人日本ポーテージ協会
株式会社三越伊勢丹ソレイユ
若竹会(東京学芸大学附属特別支援学校) 
 
【製作】
株式会社アローウィン 
 
形式:DVD
時間:32分
2017/12/25発売

定価:本体18,000円(+消費税)*送料無料!

区切り線

商品の説明

ダウン症児は700人に1人の割合で生まれ、日本ではおよそ5万人のダウン症の人がいると考えられています。このDVDではダウン症とは何か、ダウン症児の特性とはどのようなことなのか、どのような支援が必要なのか等の基本的な理解を幼児期から青年期までを中心に簡略にまとめます。
第1巻では基本的な理解について、第2巻では具体的な接し方について、実際のダウン症の方たちの映像で見ていきます。
【内容】
(1)言葉・・・言葉の出始めた時期の促し方・働きかけは?
(2)排泄習慣・・・トイレットトレーニングはどのように?
(3)食事・・・食が細い・好き嫌いが著しい場合の対応は?
(4)体力・・・体力をつけるためには何をしたらよいか?
(5)数字・・・数に関心が低いがどうしたら覚えてくれるか?
(6)行動促進・・・いつものことでもなかなかやろうとしない姿にどう対応するか?
(7)切り替え・・・切り替えの悪さにどのように対応したらよいか?
(8)発音・・・発音が不明瞭なのをどうしたらよいか?
(9)登校・・・登下校の練習はどのタイミングで?
(10)動作・・・動作が遅いのはどのように対応したらよいか?
(11)ちょっとした問題行動・・・ツバを吐き、物にあたる、叩く、物を盗む、ウソをつく
(12)金銭・・・お金の学習はどのようにしたらいいか?
(13)恋愛・・・彼氏・彼女が出来たときの対応。
(14)スマートフォン・・・端末機器との付き合い方
(15)保護者の思い・・・親の会


お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。

E-mail : jlidmf@dream.com
FAX 03-5814-0393 
 
ご注文お待ちしております!