集団生活で気になる子どもを支える-

監修・編著
野邑 健二
監修
永田 雅子
松本 真理子
発行
明石書店
版型
A5版
ページ数
200頁
定価
2,000円 (税別)*送料別

 
 
区切り線
幼児期後期の発達と小学校入学に向けた課題を明確にした上で、子どもの健やかな成長を支えるために、幼稚園・保育園で気になる問題の背景とかかわり方について、事例を交えて具体的に解説。 
 
「心の発達支援シリーズ」刊行にあたって
はじめに 
 
第1章 幼児期後期の子どもを理解する
1 幼児期後期の子どもの発達
はじめに
(1)思考とことばの発達
(2)遊びの展開と社会性の発達
(3)幼児期後期の養育における今日的課題
おわりに
2 幼稚園・保育園の子どもに見られる問題
(1)幼稚園・保育園に入るということ
(2)5歳児健診とフォローアップの結果から
(3)発達の遅れと偏り
(4)発達の遅れがある子どもへのかかわり(知的障害、精神遅滞)
(5)発達の偏りがある子どもへのかかわり(発達障害)
(6)幼児期後期に見られる問題に対処するために
3 小学校に入るということ
(1)「小学校に入る」という大きなできごと
(2)幼稚園・保育園と小学校との違い
(3)小1プロブレム
(4)小学校に入る前にしておくべきこと 
 
第2章 幼稚園・保育園で気になる子どもを支える
1 気持ち・行動のコントロールが苦手な子ども
(1)座っていられない
(2)話を聞いていない
(3)かんしゃくを起こす
(4)手が出る
2 人とのかかわりが苦手な子ども
(1)他の子と遊ばない
(2)嘘をつく
(3)わざと気を引く行動をする
(4)人の嫌がることをする
3 集団参加が苦手な子ども
(1)反抗的で指示に従えない
(2)ルールを守れない
(3)こだわりが強い
(4)1番(勝ち負け)にこだわる
(5)行事に参加しない
(6)登園したがらない
4 苦手な面を自身が抱えている子ども
(1)感覚過敏がある
(2)発音の問題
(3)ことばの理解が苦手
(4)話をしない
(5)身体を使うのが苦手
(6)指しゃぶり・爪噛みをする子ども 
 
第3章 事例にみる支援方法
1 巡回訪問の場の支援――落ち着きのなさと友達とのかかわりが気になる事例
2 通院・通所による相談支援――幼児期から就学、その後に向けての長期支援
3 5歳児健診の場を通した支援
4 地域連携による保護者への支援――お母さんのかかわり方が気になる事例
5 療育・ソーシャルスキルトレーニングの場での支援――就学に向けた準備を中心に 
 
  
 
区切り線
お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。 
 
E-mail : book@jldd.jp
FAX 03-5814-0393
ご注文お待ちしております!