情緒と自己理解の育ちを支える-

監修・編著
永田 雅子
松本 真理子
監修
野邑 健二
発行
明石書店
版型
A5版
ページ数
200頁
定価
2,000円 (税別)*送料別

 
 
区切り線
児童思春期の自己イメージを含む心の発達を概説した上で、「気になる問題」の背景とかかわり方について事例を交えて具体的に解説。 
 
目次 
 
「心の発達支援シリーズ」刊行にあたって
はじめに 
 
第1章 心の発達とSOS
1 心の発達
(1)発達心理学からみた心の発達
(2)エリクソンの発達課題と心の発達
(3)フロイトの精神分析からみた心の発達
2 心のSOS
(1)二次障害
(2)自己理解の発達と問題 
 
第2章 SOSへの支援
1 情緒の支援
(1)無気力・やる気がでない
(2)不安・パニックになりやすい
(3)元気がでない・うつ状態
2 行動の支援
(1)こだわりが強い子ども
(2)衝動的行動・攻撃性をコントロールする力が弱い
(3)非行の問題
3 対人関係の支援
(1)場面が理解できない・共感する力が弱い
(2)コミュニケーションが苦手
(3)友人ができない
4 そのほかの支援
(1)身体症状
(2)習癖異常
(3)性の問題・異性関係の悩み 
 
第3章 自己理解の支援
1 得意なこと・苦手なこと、好きなこと・嫌いなことを知る
2 自分のよいところを知る
3 気持ちと身体について知る
4 怒りのコントロールとリラックスの方法を知る
5 困っていることのSOS を出す
6 他者から見た自分について知る 
 
第4章 事例にみる支援方法
1 衝動性と攻撃性のコントロールが弱い子どもへの支援
2 場面が理解できない子どもへの支援
3 こだわりが強い子どもへの支援――完ぺき主義が気になる子ども
4 否定的自己の子どもへの支援――「僕はどうせダメなんだ」と自分を責める男児
5 自己理解の乏しい子どもへの支援 
 
区切り線
お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。 
 
E-mail : book@jldd.jp
FAX 03-5814-0393
ご注文お待ちしております! 
 
  
 
  
 
区切り線
お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。 
 
E-mail : book@jldd.jp
FAX 03-5814-0393
ご注文お待ちしております!