学習・行動が気になる生徒を支える-

監修
松本 真理子
永田 雅子
野邑 健二
編著
酒井 貴庸
発行
明石書店
版型
A5版
ページ数
192頁
定価
2,000円 (税別)*送料別

 
 
区切り線
不登校、いじめ、抑うつ状態、ひきこもり、低学力など、発達障害の特性から生じるいわゆる二次障害を防止し、中学生や高校生を社会生活へとつなげるために必要な知識や支援策について、豊富な事例を交えて解説。 
 
目次 
 
「心の発達支援シリーズ」刊行にあたって
はじめに 
 
第1章 思春期の子どもの発達と支援の現状
1 思春期の発達
はじめに
身体的発達
心理社会的発達
おわりに
2 中学校、高校における特別支援教育のシステムと現状
(1)特別支援教育
(2)特別支援教育の支援システム
(3)学内外における連携 
 
第2章 気になる問題のアセスメントと支援の要点
1 基本的な考え方
(1)情報収集の範囲
(2)情報収集の必要性
(3)特性理解の必要性
2 気になる行動の実態把握
(1)第1段階(要因を考える)
(2)第2段階(学びの基礎的学習能力の困難を把握する)
(3)第3段階(適切な学びの支援を進める)
3 気になる行動の支援の要点
(1)不登校
(2)コミュニケーションの困難 
 
第3章 気になる学習・進路での課題と支援
1 学習上の課題と支援――発達障害のある子どもの教科指導
①国語
②数学
③社会
④英語
⑤体育
2 進学と就労
(1)施策の動向と後期中等教育以降の支援の必要性
(2)発達障害の特性をもつ児童生徒に対するキャリア教育
(3)進路選択と支援
(4)職業選択と就労支援
おわりに 
 
第4章 事例を通して
1 発達障害を疑われる生徒とその家庭への支援――集団生活になじめないアキヒロ
2 組織的な支援体制による3年間の支援――突然不登校になったケイカ
3 高校における保健支援部の取り組み――2つの事例を通して
①二次障害を抱え、心身面で体調を崩す生徒
②行動面で落ち着きのなさが気になる生徒 
 
第5章 問題の気づきと支援に向けたスキルアップ――研修プログラムの紹介
1.教職員に求められるもの
2.研修プログラム
3.研修プログラムの構成
(1)はじめに
(2)発達障害の理解
(3)アセスメント
(4)行動への支援 
 
付録 「青年期の特別支援教育フォーラム」による研修について