発達障害医学セミナーの内容を収録 
 
発達障害医学の進歩16 
 

企画
社団法人 日本知的障害福祉連盟
日本発達障害学会
編集
原 仁
判型
B5
ページ数
88頁
定価
3,000円(税別)*送料別
発行
株式会社 診断と治療社

 
 
区切り線
発達障害を正しく理解するための一つの手段–医学的評価–。
「評価」をテーマに、最近の知見をそれぞれの領域のエキスパートがわかりやすく解説。 
 
目次

  • 高次脳機能障害としての発達障害(相原正男)
  • ASEBAと発達障害(北 道子)
  • 発達障害と画像診断(橋本俊顕)
  • 最近の神経画像診断の進歩:発達障害への適応の可能性(大西 隆ほか)
  • 発達障害と遺伝–最近の知見–(杉江陽子ほか)
  • 脆弱X症候群と発達障害:認知機能の特徴(堀口寿広ほか)
  • 発達障害児における薬物治療の最近の知見–セロトニン作動薬を中心に–(古荘純一)
  • 新生児聴覚スクリーニングの現状と今後の課題(三科 潤)
  • 異分野研究によるgeneral movementの解析(小西行郎ほか)

区切り線
お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。 
 
E-mail : jlidmf@dream.com
FAX 03-5814-0393 
 
ご注文お待ちしております!