IGAKU 27震災と子どものメンタルヘルス

企画
公益社団法人 日本発達障害連盟
編集
内山登紀夫
判型
B5
ページ数
80頁
定価
3,500円(税別)*送料別
発行
株式会社 診断と治療社

区切り線
本書は「震災と子どものメンタルヘルス」というテーマで企画された。東日本大震災による地震被害、津波被害、原子力災害とその後の風評被害は、地域住民のメンタルヘルスを悪化させ、それは社会的弱者である子どもや発達障害者へ現在も大きな影響を与え続けている。本書では震災による子どもや発達障害者への心理学的影響と、様々な支援活動・治療の取り組みなどについて、東北地方で長期間にわたって支援を続けてきた専門家が、実体験と調査・分析を基に多角的に論じている。

【目次】
■福島の乳幼児のメンタルヘルス
内山登紀夫・川島慶子・鈴木さとみ
■震災と非行 ̶発達障害を中心に
桝屋二郎
■震災と虐待
堀江まゆみ
■外部からの支援 ̶発達障害支援の立場から
安達 潤
■福島における原子力災害が引き起こした
心理学的問題
筒井雄二
■子どものメンタルヘルス支援事業推進室の活動から
野村昂樹
■トラウマの治療
八木淳子
■震災後の発達障害への行政対応
熊坂和美
区切り線
お申込みはインターネット、E-mail、FAXで承っております。

E-mail : book@jldd.jp
FAX 03-5814-0393

ご注文お待ちしております!