あなたの隣に、日本発達障害連盟 笑顔あふれる世界へ

発達障害者に優しい地域創り

日本発達障害連盟は、カンボジアの貧村で「知的障害者に優しい地域創り」活動をしています。このコーナーでは、活動の背景、あらまし、そして、活動によって変化した地域社会と知的障害者の生活について報告します。

1.背景

何故「地域住民」か?


日本の障害者支援は政府が担っていますが、カンボジアではNGO(非営利団体)が担当しています。政府にお金がないからです。そして、知的障害者の場合、全体の0.04%(2005年現在)しか支援を受けていません。つまり、ほとんどの人は一生何の支援も受けられません。また、社会の差別も強く、彼等の生活は厳しいものです。

こうした状況下で有効な支援は何でしょうか。望ましいのは地域住民が日々の暮らしの中で支援することです。理由はいくつかありますが、一つは、費用がかからないことです。次に、偏見や差別を解消できるという点があります。偏見や差別は「知らない」から起きることですから、地域住民が直接かかわるようになれば「変な人だと思っていたけど、知ったら楽しい人だった」となり消滅するのです。そして何より、生涯を通じて周りの人の手助けを必要とする知的障害者にとって、日常を共有する住民の支援は心強いからです。

知的障害者に優しい地域社会を創る方法


さて、問題は、そうした地域社会を作る方法です。「必要性」を説いても役に立ちません。なぜなら、人は「自分とは関係ない」ことには興味をもたないからです。そこで、事業では、住民の「関わり」作りから始めることにしました。そして、住民自身の手で知的障害者を支える方法を考えて実施してもらいました。

2.活動

●活動期間 :2005年~現在
●活動地:カンボジアの5州(カンポンスプー、カンポンチュナン、カンダル、プレイベン、プルサット)45村
●活動
活動地では知的障害者に対する偏見や差別が大きく、暴行やレイプが頻繁に起きていました。その結果、知的障害者は住民を恐れて避け、彼らの態度は住民の偏見を増幅させていました。つまり、悪循環でした。
活動では、この悪循環を断ち切って住民と知的障害者がお互いを知り合うプロセスを作りました。具体的には、住民自身が①知的障害者の状況を分析→②活動計画作製→③実施するしくみを作ったのです。住民は頻繁に会合を開いて活動内容を議論し、自らの手で知的障害者の支援をしました。そうして、日常的に知的障害者の支援を話題にするうちに、住民の中にあった偏見が消えていました。
Untitled Untitled2
知的障害者について話し合う住民 住民が作成した知的障害者の人間関係図
 

表1 貧富の定義活動開始前の地域社会と知的障害者の状況

2005年当時。報告書より抜粋

地域の状況


対象地の人口は30,668人です。主用産業は農業ですが、中流以上の家庭の若い人達の中には近隣の繊維工場で働く人たちもいます。住民の生活は川や池や森などの自然に依存していて、衛生的な飲料水や蚊帳などの利用は見られません。
また、多くの家庭にはトイレや水浴び場はなく、人々は戸外で用を足し身体を布で覆って水浴びをします。教育に関して言えば、約70%の子供が小中学校教育を受けています。ただし、内戦(1976-79年)時代を生き抜いた成人―特に女性―には読み書きができない人が多くいます。経済状況は、(州の行政によれば)20%の家庭が1日の収入が0.5ドルの貧困ライン以下の層に属し、これは、住民自身が分析した経済状態(表1参照)とも合致します。医療施設としては、各州に公立病院がありますが、公的医療保険制度はありませんので治療費で、あまり利用されていません。娯楽としては、中流以上の家庭の持つテレビまたはラジオ、村内の全住民が集まるお祭りやセレモニー(1年に約10回)、結婚式等(約4-5回)があります。なお、娯楽ではないが、住民全員の協働作業である田植えや稲刈りは地域社会の行事です。

Untitled
富裕層 20% 中流層 30% 貧困層 30% 極貧層 20%
全ての子供が教育を受けている。また、以下を所有している。●瓦ふきの大きな家
●車またはバイク
●テレビ
●精米機
●ポンプ
●農地2ヘクタール
●5頭の牛と豚
●鶏20羽
全ての子供たちが学校教育を受けている。以下を所有している。●瓦ふきの家
●バイクまたは自転車
●テレビまたはラジオ
●農地1ヘクタール
●牛2頭
●一年中食べることに困らない。
子沢山。そのうち数人は学校教育を受けている。乾期(4-6月)には十分な食物がない。健康不良。以下を所有している。●ヤシの葉ふきの家
●農地0.3ヘクタール
●牛1頭、
子沢山。子どもは学校教育を受けていない。年中食べ物が不足。常に病気。日雇暮し。家庭内暴力が多い。以下を所有している。●ヤシの葉ふきの非常に小さな家
●農地0.1ヘクタール

知的障害児者の状況


2005年時点では、地域には知的障害の概念は存在しませんでした。従って、住民に知的障害者の特性や行動様式を紹介して、それに合う人を見つけてもらうという方法をとりました。したがって、この活動で支援対象となった人の中には、医学的診断では知的障害ではないこともあり得ます。知的障害ではない(かもしれない)人を支援対象とするかどうかについては議論がありましたが、結論としては、その人が何らかの知的な問題のために「生き難さ」があるのであれば知的障害であるなしにかかわらず対象とし、活動の進捗につれてその人が支援を必要としなくなったら卒業してもらうことにしました。

こうして、104名の知的障害と考えられる人が発見されました。年齢構成で見ると約40%が20歳以下で60%がそれ以上、男女比では44%:56%でした。その内の28%は学校に通ったことがありましたが、ほぼ全員が数か月以内に退学していました。理由は、勉強についていけない(保護者の意見)ことや、いじめ(保護者と本人の意見)でした。また、子供たちは地域の子ども会などにも参加していなかったのですが、その理由は「いじめられる」、「他の子供に迷惑をかける」、「不要」でした。

成人は約60名いたのですが、仕事をして収入を得ている人はいませんでした。ただ、無給で水汲み、薪拾い、掃除や簡単な料理や、家畜の世話、などの仕事をする人が約60%いました。

特筆すべきは、約20%の人に「放浪癖」が見られたことです。具体的には、家族が知らないうちにいなくなり、1週間ほど後に森の中や道路で倒れているところを発見されるのです。これは、本人への危険が心配されるだけでなく探索に時間をとられる家族や住民の負担になっていました。また、50%以上の人が1日の大半(12時間以上)を1人で何もせずに過ごしていました。そして、これは放浪グセと関係が深いと言えます。なぜならば、知的障害児者は「余暇が苦手」だからです。彼等は決められたことを繰り返し実行することは得意なのですが「何をしてもよい」自由時間を与えられるとどうして良いかわからなくなるのです。つまり、事業地の知的障害児者は、彼等にとっては最も苦手な時間を大量に持っており、どうしてよいかわからず放浪していたと考えられます。

家族の知的障害児者への態度には過保護と無視の両極端がみられました。前者は家に閉じ込めて日常生活の全てを援助して本人の発達を妨げ、後者は食事を与える以外は何のケアもしないというものでした。

地域での人間関係をみると、75%の人は家族や隣人といったごく身近な人以外とは話をしたことはなく、また、68%は村の行事や共同作業に参加したことがありませんでした。そして、住民との関係が希薄な理由としては、
  • ・知的障害女性がレイプの被害者になることが多いため家族が外出を禁止している。
  • ・本人の不衛生やそれに伴う臭いのために住民が彼らを寄せ付けない。
  • ・行事に出席して他の住民の迷惑になることを家族が恐れる。
  • ・住民が彼らを「何もできない人たち」であると認識し、村の協働作業に参加させない。
などがありました。

なお、知的障害女性に対するレイプが多く、その結果としての出産もありましたが、、知的障害者は「レイプされてもしかたがない人」と考えられているため対策は講じられず、また、犯罪として取り上げられたケースはありませんでした。
Untitled

活動の結果

住民、親、行政関係者の知的障害者観の変化


●住民の変化
偏見、差別の対象であった知的障害者を「友達」と呼び、また、護る対象と考えるようになり(例 鶏泥棒事件) レイプや暴行の被害もなくなりました。
活動では、知的障害者の収入創出事業として養鶏を取り入れました。養鶏は比較的安定した収入が得られるというメリットがある反面、牛や豚と比べて盗難にあう確率が高いという弱点があります。活動地でもありました。興味深いのは、盗人が知的障害者の鶏を盗むことを躊躇したことです。隣近所が全て被害にあっているのに知的障害者の家だけが無傷であったり(プレイベン州)、他の家が全ての鶏をとられた時に知的障害者の家だけは一羽の被害ですんだり(カンポンスプー州)したのです。地域社会全体で護る知的障害者の鶏だけは盗めなかったのですね。

●成人の75%が仕事をもつように
仕事の種類は地域の特性に合わせて農業、養鶏、水売り、白髪抜き、蚤取り、子守、洗濯、土木作業…など
Untitled2

日常生活能力が向上した


(例―トイレ兼水浴び場の建設)
多くの家庭ではトイレないため村人たちは戸外で用を足しますが、その場所や方法には暗黙のルールがあります。この「暗黙のルール」は知的障害者には難しいので失敗する人がいました。その結果、その人(女性)の家の敷地のいたるところで糞尿の臭いがしていました。当然、誰もこの家を訪れません。
Untitled3
また、レイプの危険もありました。この状況を改善するために、敷地内にトイレ兼水浴び場を建設しました。材料費は地域内で募金してまかない、建設は地域の男性たちが引き受けました。現在、最重度の知的障害をもつその女性は上手にトイレを使うようになって臭いの問題が消えただけでなく、近隣の女性達の指導のもと、洗濯もできるようになりました。

Copyright © 公益社団法人 日本発達障害連盟 All Rights Reserved.